「喜びを共に」

ご覧いただきありがとうございます。

音の自由教室クレエ 新潟校の坂井真子です。

今日は、絵本についてお話ししたいと思います。

以前、読んだことのある本。

「絵本は心のへその緒」

この本を読んでいて、私が心に残った文章をメモに残しておいたのですが、その一文をシェアさせていただきますね!

【人が人と共に生きていくために必要な「言葉に対する感性」は、人間の気持ちに支えられた「声の言葉」によって のみ 育つ】

【その「声の言葉」の豊かな体験の場としてあるのが、「絵本を一緒に読む」ということ。】

【親と子が共にいて、その生活の時間と空間のなかに「言葉」があること。そして、「読み手」と「聞き手」がその言葉の喜びを「共有すること」に絵本の最も大切な意味と役割がある。】

【「喜びを共にする」ということは、人間が成長するときに、とても大切で、特に幼児期にそれを何度も経験することが子どものなかに、思いもかけない大きなものを残していく。喜びを絶えず感じている子どもは「自分で生きていく力」を持つようになる】

と、一部を抜粋させていただきました。

絵本について勉強していくと、絵本の魅力に取り憑かれます。

そして、もっと多くの絵本と出会いたいなと強く思います。

音の自由教室クレエは、まさに!!!

絵本を通して、子どもとのコミュニケーションをはかり、さらに、絵本と音楽の相互作用によって、子どもの感性を豊かにするお教室なのです。

「喜びを共に」

この言葉を胸に刻み、講師一同、努力していきたいです。

「自分で生きていく力」というのは、「教育改革2020」に大きく関わっていく課題になることでしょう。

未来ある子どもたちのために、豊かな心を作るお手伝いをさせていただきます。

体験レッスン、募集中です。

詳しくは、ホームページの新潟校のページをご覧ください。

前の記事

いよいよ始まります!